年齢肌炎症※1と有効成分

年齢肌炎症について

年齢肌炎症※1とは?

肌の内部では、紫外線や摩擦、乾燥といった、日常生活で生じる刺激によって、微弱な炎症が慢性的に起こります。これが年齢肌炎症※1です。
加齢もその要因の1つと考えられています。
炎症性物質(トリプターゼや炎症性サイトカインなど)が発生すると、肌ダメージの原因に。長期にわたりそれらの影響を受けると、ターンオーバーの乱れ、メラニンの生成促進、コラーゲンの破壊など、様々な肌トラブルが起こり、放置し続けると、ハリ不足・しみ・乾燥・くすみ※2などを引き起こします。

年齢肌炎症とは?
加齢とともに炎症性物質が増加?

加齢とともに炎症性物質が増加?

年代別の皮膚由来の細胞を培養し、炎症性物質の1つである炎症性サイトカイン(IL-8)の量を測定した結果、20~30代と比べ60~70代の皮膚組織中の炎症性サイトカイン量のほうが多いことが推察されました。

Wの有効成分配合で年齢肌炎症※1にアプローチ※3

  • トラネキサム酸

    医薬部外品のスキンケアでは、肌あれ防止の目的や、メラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐ美白有効成分として用いられています。

  • グリチルリチン酸2K

    肌あれ防止有効成分。抗炎症作用により、肌を整えます。医薬品や化粧品に広く使用されています。

Wの有効成分の配合で年齢肌炎症にアプローチ

※1:年齢肌とは、加齢に伴い、しみ・ハリ不足・乾燥・肌あれなどの肌トラブルが現れやすくなった肌のことであり、年齢肌炎症とは、肌トラブルの原因の1つとなる(日常的に起こっている)微弱な炎症状態のことです。※2:乾燥による。※3:リフトホワイト ローション モイスト、リフトホワイト ローション ライト、リフトホワイト パーフェクション、オーバーナイト ヴェールクリームが該当。

製薬会社の研究と技術

close

エイジング肌の研究成果を元に
厳選した美容成分

年齢肌炎症・ハリ・美白・高保湿

※1:年齢肌とは、加齢に伴い、しみ・ハリ不足・乾燥・肌あれなどの肌トラブルが現れやすくなった肌のことであり、年齢肌炎症とは、肌トラブルの原因の1つとなる(日常的に起こっている)微弱な炎症状態のことです。 ※2:リフトホワイト ローション モイスト、リフトホワイト ローション ライト、リフトホワイト パーフェクション、オーバーナイト ヴェールクリームに採用 ※3:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。 ※4:タイムエキス-1(保湿) ※5:N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、オレオイルフィトスフィンゴシン(すべて保湿) ※6:セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、DL-アラニン、トレオニン、HClリジン、L-グルタミン酸、L-ヒスチジン塩酸塩、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-フェニルアラニン(すべて保湿)

close

美容液と乳液の一体化を叶える、
2つの独自技術※1

ナノフィーユミセル※2
3Dストレッチネット※3

ナノフィーユミセル
3Dストレッチネット

※1:リフトホワイト パーフェクションに採用 ※2:水添大豆リン脂質、オレイン酸ジヒドロコレステリル、ノナン酸コレステリル、酪酸コレステリル、酪酸ジヒドロコレステリル、オレイン酸フィトステリル、長鎖分岐脂肪酸コレステリル(すべて保湿) ※3:ヒドロキシエチルセルロース、PVP、メチレンビス(イソシアナトシクロヘキサン)・PPG共重合体(すべて(ハリ)) ※4:角質層まで

pagetop